【脳科学】光の点滅だけでアルツハイマー病が完治する研究に一定の成果wwwww

ダイエットまとめ
no title

1: 名無しダイエット 2020/02/05(水) 02:08:25.42 ID:XhOfiSwh9
1世紀以上にわたり、アルツハイマー病はそれを治療するすべての試みを混乱させてきました。しかし、近年、ちらつきのある光を使用した実験は有望です。

現在、研究者は、ちらつきがどのように機能するかを調べました。
彼らは、研究室で、40ヘルツの光パルス(毎秒40ビート)にさらされると、脳が病気と戦うのに役立つ信号伝達化学物質の急増を引き起こすことを発見しました。

健康なマウスで実施されましたが、この新しい研究は、アルツハイマー病患者が40 Hzの光と音にさらされる人間の試験に直接関連しています。
ジョージア工科大学のマウスで得られた洞察は、エモリー大学と共同で人間の試験に通知しています。

「研究室でマウスからサンプルを採取する予定です。ほぼ同時期に、同僚が患者の体液サンプルについて驚くほど類似した分析を行うことになるでしょう」と、この研究の最初の著者であるクリスティー・ガルザは述べた。

特に、急増するシグナル伝達分子の1つは、ミクログリアと呼ばれる脳免疫細胞の活性化に関連しており、脳細胞間に蓄積するジャンクタンパク質であるアミロイドベータプラークであるアルツハイマー病の特徴を一掃します。

解説:サイトカインは細胞から分泌される低分子のタンパク質で生理活性物質の総称
これが光のちらつきだけで増減させられるという実験結果

google翻訳一部割愛
https://www.technologynetworks.com/neuroscience/news/mouse-study-links-anti-alzheimers-light-stimulation-to-immune-cascade-330271
https://cdn.technologynetworks.com/tn/images/thumbs/webp/640_360/mouse-study-links-anti-alzheimers-light-stimulation-to-immune-cascade-330271.webp?v=10568774
参考画像
no title


続きを読む

Source: ダイエット速報@2ちゃんねる
【脳科学】光の点滅だけでアルツハイマー病が完治する研究に一定の成果wwwww