1歳の娘にヴィーガン食しか与えず重度の栄養不良にさせたとして裁判所が両親に社会奉仕活動と栄養学の勉強の判決

ダイエットまとめ
images (5)

1: 名無しダイエット 2019/08/24(土) 14:36:07.50 0
豪シドニーの裁判所は22日、1歳の娘に徹底したヴィーガン食(完全菜食主義者向けの食事メニュー)を食べさせて重度の栄養不良状態にさせたとして、30代の両親に1年半の社会奉仕活動を言い渡した。CNN系列局のセブンニュースが伝えた。

夫婦は娘が生きるために必要な食事を与えず、健康被害を生じさせた罪を認めている。

発見された当時、1歳7カ月だった娘の体重は4.9キロしかなかった。検査の結果、誕生以来、骨格が発達しておらず、発育が遅れて歯さえも生えていないことが分かった。

両親は、娘に厳格なヴィーガン食を与え続けていたと供述している。誕生以来、予防接種も受けておらず、医療機関も受診していなかった。

両親は娘にオート麦とバナナ、ピーナッツバターゼリーサンドイッチ、米飯しか食べさせていなかったとされる。
裁判官はこの食事について「完全に不適切」と判断し、両親が自分たちの子どもを重大な健康被害の危険にさらしたと指摘した。

一方で、2人の行為は無謀さによるもので、悪意はなかったとも認定した。母親は当時、うつ状態にあった可能性もあると伝えられている。

2人は社会奉仕に加え、育児と栄養について学習することも命じられた。

今は3歳になった娘は親類に預けられ、発育状態は改善しつつあるという。予防接種も受け、言語療法や理学療法が行われている。
https://news.livedoor.com/article/detail/16969932/


続きを読む

Source: ダイエット速報@2ちゃんねる
1歳の娘にヴィーガン食しか与えず重度の栄養不良にさせたとして裁判所が両親に社会奉仕活動と栄養学の勉強の判決