【怖い】スイカやメロンを食べて死ぬ?!…ウクライナで劇毒物フルーツが市場に蔓延

ダイエットまとめ
no title
1: 名無しダイエット 2019/08/18(日) 00:04:06.16 ID:fXT7plpJ9
ウクライナは再び硝酸スイカとメロンであふれました。医師は、患者の中毒の多くは毒フルーツの摂取によるものです。

一部の地域では、管理サービスが有毒なメロンを除去しています。
しかし、ウクライナ人はスイカやメロンだけでなく、自分自身を毒し続けています。
柑橘系の果物、エキゾチックな果物は、危険な状態のまま店や市場で販売されています。
また、梅やアプリコットでさえ不快な症状を引き起こす可能性があります。

彼らはスイカを食べて、毒におかされます。

ウクライナ人は、季節の果物中毒をよく訴えます。

「8月1日、スイカの半分が市場で購入されました。みんな普通に食べました。しかししばらくの間、男性は口蓋が腫れて喉に腫れを訴えました。抗アレルギー薬を服用すると、すべてがうまくいきました。キエフのマリア・コメンコは言った。

キエフの住民は、Obolon市場のスイカについても不満を述べています。また、ベリーの半分を購入し、重度の中毒を受けました。

「キエフの勝利広場にあるスーパーでスイカを丸ごと買いました。子供と男性は中毒になりました。息子は高熱、嘔吐をしています。翌日、私はそれらを焼きます。スイカを丸ごとカットしていないように、まだ大きな店で売っていますが、どういうわけかそれを見る必要があります」と、Victoria Samoilenkoとの会話で不満を述べています。

ドニエプル川のスイカでクセニヤ・ソブチェンコの両親は先週中毒になりました。

「彼らは家の近くの市場でそれを買いました。そして夜には両方とも悪くなりました。温度が上がったので、私は彼らのところに行って助けなければなりませんでした。なぜなら、私の母には2日間の恐ろしい衰弱、明らかに体の中毒があったからです」とゼニアは言います。

また、家族全員がマリウポリで毒殺されました。

「彼らは市場で2週間スイカを買ったが、彼らは皆毒殺された。9月でもメロンやスイカはもう買わないでしょう」とナディヤは言いました。

管理団体は、今年は除去しなければならない有毒なスイカとメロンを発見しています。たとえば、7月のジトームィル地域では、硝酸塩が過剰であるため、1,000キログラムを超える果物や果実の市場への参入が許可されませんでした。これらのうち、スイカ45 kg、メロン897 kg。

硝酸塩のため、600 kgのスイカとメロンは7月にチェルニウツィー地域で販売されませんでした。州消費者サービス総局によると、ブコビナの市場における7月のスイカの硝酸塩の最大指標は、60 mg / kgの基準で100-200 mg / kgでした。そして、メロンではほぼ1000 mg / kg、標準ではわずか90 mg / kgです。このような危険な製品の主な配達は、ヘルソン地域から行われました。

ドクター・ドミトリー・ダダー博士は、今年、彼の観察によれば、中毒の患者は昨年に劣らないと述べています。

「スイカのシーズンが始まったばかりです。しかし、中毒患者はそうであり、過去数年と同じです。さらに、患者は、スイカを市場と店の異なる場所で買ったと言います。スライスしたスイカを買ったり、半分にカットした人がいます。そして、暑さの中のそのようなスイカは、細菌兵器です。彼らはそこで非常に速く微生物を発達させます。そして、そのようなスイカでは硝酸塩が正常であっても、中毒は依然として可能です」と医師は説明しました。

google翻訳一部割愛 リンク先で中国製フルーツについて啓発アリ
https://ukrhealth.net/bakteriologichna-zbroya-ukrayinu-zapolonyly-nebezpechni-yagody-i-frukty/


続きを読む

Source: ダイエット速報@2ちゃんねる
【怖い】スイカやメロンを食べて死ぬ?!…ウクライナで劇毒物フルーツが市場に蔓延