アイスクリーム業界「最近、バニラの値段が高すぎる…」

ダイエットまとめ
no title
1: 名無しダイエット 2019/06/07(金) 20:26:34.01 ID:te/GfV2f0 BE:123322212-PLT(13121)
[シカゴ/アンタナナリボ(マダガスカル) 3日 ロイター] – 1キロのバニラは、1キロの銀よりも高価だ。
ラン科バニラという植物を何年もかけて丁寧に栽培して収穫されるバニラは、サフランに次ぐ世界で2番目に高価なスパイスだ。

この5年足らずで、バニラの卸売価格は500%近く上昇している。世界的に高まる健康的な天然原料への需要が背景にある。

だが、供給面で問題もある。産地マダガスカルは近年、サイクロンや干ばつ、さらには盗難の被害に見舞われており、バニラの質や生産量が落ちているのだ。
アフリカ大陸沖のインド洋に位置するマダガスカルは、世界のバニラの約8割を生産している。

調味料の世界最大手マコーミック(MKC.N)にとって、バニラ不足は無視するには大きすぎるリスクであり、
インドネシアのパプア州北部を代替の生産地に育てようと栽培に取り組み始めた。
小売業者や飲食店、メーカーにバニラを販売しているマコーミックは、コスト上昇分をバイヤーに転嫁していると語る。

基準となるマダガスカル産の黒バニラビーンズVAN-MG-BNS1キロの価格は、520ドル(約5万6000円)程度だ。
サイクロン被害を受けた2017年の過去最高価格1キロ635ドルには及ばないが、2015年初めに記録した同87.50ドルから急上昇している。

2017年と18年に連続して受けたサイクロン被害で、「確実にコストを圧迫した」と、スイスの食品大手ネスレ(NESN.S)米法人の
スティーブ・プレスリー最高経営責任者(CEO)はロイターに語った。

同CEOによると、ネスレは2017年、バニラの価格高騰もあって、米国で販売しているアイスクリーム製品を値上げした。
ネスレが製造する「ハーゲンダッツ」や「エディーズ」、「スキニーカウ」などのブランドのアイスクリームは、
天然のバニラ香料やバニラビーンズを使用とパッケージに書いてある。

米国外でのハーゲンダッツ販売や、同ブランド店舗を世界で手掛ける米食品大手ゼネラル・ミルズ(GIS.N)は、
バニラ価格上昇で製品価格も上昇していると話す。

全文
https://jp.reuters.com/article/mccormick-vanilla-idJPKCN1T803V


続きを読む

Source: ダイエット速報@2ちゃんねる
アイスクリーム業界「最近、バニラの値段が高すぎる…」